ミニチュアダックスのしつけ


肉球 世界3位の犬のしつけ☆自宅でできる!犬のしつけの法則
   TVや雑誌で有名なあのカリスマ訓練氏によるしつけ法を自宅で♪
   わんちゃんの問題行動が無理なく簡単に直せます!


しつけの基本

ミニチュアダックスのしつけのポイントは?
しつけができている犬は、誰からも好かれ、飼い主との暮らしを
楽しみつつ、ストレスのない幸せな一生を送ることができます。

 

しつけの基本とは、人間社会のなかで 人と犬がお互いに
気持ちよく暮らせるように、犬が人に対して従属的になる教育
をすることで、犬をさまざまな環境や物に慣らしていくことです。

 

日常生活の中で自発的によい行動 ( 飛びつかない、噛みつかない、
無駄吠えしない、食事やトイレのマナーなど ) をとるようにしてい
きます。 そして、「スワレ」や「マテ」などの命令や指示をして、
そのとおりの動作や行動をさせ、服従させる訓練を行います。

 

飼い主の命令に従わせ、主従関係を犬に認識させるのです。
ダックスフントは、とても賢いため飼い主が上手にしつければ、
たいへん従順な犬になります。 ただし、頑固な面もあるので、
しつけには、少し根気がいるかもしれません。 しかし、真剣に
取りくむことで、愛犬は必ずこたえてくれるようになります。

 

犬をしつけるということは、飼い主の一方的な命令を愛犬に
理解させようとするものではありません。「しつけ」は、人間と
犬の間に愛情と信頼関係があってこそ成り立つものです。

 

そのためには、まずは 飼い主のほうから犬の気持ちを理解
しようとする姿勢が必要でしょう。犬の行動にはきちんと意味が
あります。それを理解した上で 「・・・してほしい」とか「・・・して
ほしくない」など の意思をはっきりと、すばやく示すことが大切
なポイントですね。また、アメとムチは上手に使い分けましょう。

 

しかったあとは愛犬をやさしく抱きしめてあげてください。
叱った手は、愛してくれる手だということを 犬が理解したとき、
飼い主とミニチュアダックスの絆は、一段と深まっていくのです。

ミニチュアダックスの習性

ミニチュアダックスフントは、明るくて
聡明で、小さくても たいへん勇敢で
探求心があり、自分なりに状況を判断
するという力もすぐれています。

 

また、毛のタイプ によって少しずつ
性格に差があるようです。

 

ロング・へアードは温厚タイプ、スムース・ヘアードはやや神経質。 
ワイアー・ヘアードは他に比べると激しい一面を持っているといわれます。



肉球ペットグッズ全品送料無料☆
気になっていたあの商品が送料無料のお試し価格!!