「ちょうだい」のしつけ


肉球 世界3位の犬のしつけ☆自宅でできる!犬のしつけの法則
   TVや雑誌で有名なあのカリスマ訓練氏によるしつけ法を自宅で♪
   わんちゃんの問題行動が無理なく簡単に直せます!


「ちょうだい」のしつけ訓練

ちょうだい」のしつけは、とても大切な躾です。
たとえば、犬がなにかをくわえてしまったとき、飼い主が取りもどそうとして
噛まれたり、大切なものをボロボロにされたりという話があとをたちません。

 

犬の習性には、自分の所有物に固執するということがあって、それが
食べ物の場合は、さらに強くなり、間単には渡そうとしないと思います。
犬同士でも、先に物をくわえて確保した犬には優先権があり、たとえ
上位のイヌに脅かされても渡そうとはしません。

 

しかし、飼い主との信頼関係ができていれば、「ちょうだい」といえば、
ちゃんとわたすようになるのです。訓練によって、これができるように
なると、さまざまな危険を回避することもできるようになりますね。

「ちょうだい」のトレーニング

1、犬にリードをつけて、リードの届く範囲におもちゃを投げます。

 

2、犬がそれをくわえて逃げようとしたら、「ちょうだい」といいながら
  リードで引き寄せるか、こちらから寄っていき、ごほうびのおやつ
  を手のひらにのせて犬の鼻先にさし出します。

 

3、ご褒美を食べようとして、おもちゃを落としたら、素早く拾います。
  このとき、リードは足で踏んでおきます。

 

4、おもちゃは、またすぐに投げてあげて、ご褒美と交換します。

 

このトレーニングを根気よく繰り返すと、くわえたものを飼い主に
渡してもまたすぐに返してくれるということを学び、犬が何かを
くわえても、取り返すことが簡単になります。


肉球ペットグッズ全品送料無料☆
気になっていたあの商品が送料無料のお試し価格!!