オイデ(コイ)のしつけ


肉球 世界3位の犬のしつけ☆自宅でできる!犬のしつけの法則
   TVや雑誌で有名なあのカリスマ訓練氏によるしつけ法を自宅で♪
   わんちゃんの問題行動が無理なく簡単に直せます!


オイデ・コイ(Come)のしつけ

「オイデ」、「コイ」などと呼ばれたら、いつどんなときでもそばにくるように
しつけます。これができると、お散歩中にリードを離してしまったり、玄関
から飛び出してしまったりしたときや、ノーリードで遊べる公園などでも、
さまざまな危険を回避できます。

 

犬が呼ばれることが楽しみになるようにしましょう。
はじめは、リードをつけて訓練するといいでしょう。

 

1、オスワリ、マテを命じてミニチュアダックスと向かい合います。
2、ごほうびのおやつを見せて、「オイデ」と呼んで、2、3歩下がります。
3、そばにきたら、オスワリをさせて、ごほうびをあげます。
4、徐々に、距離を長くして、離れたところから呼ぶようにします。

 

慣れてきたら、リードは無しでもできるようにしつけます。

オイデ・コイ(Come)ができない場合の対処法

オイデと呼ばれて、そばに行ってもあまりいいことがないと学習して
しまっている場合、飼い主の声に不信感をもっているかもしれません。
オイデのあとにお留守番やおふろ、爪きりなど苦手なものが待ち受け
ているというイメージがついてしまっている場合などですね。

 

このようなときは、笛を使う方法も有効です。
はじめは、目の前で笛をふいて、ごほうびをあげます。
これを1日、数回、2〜3日くり返します。

 

慣れてきたら、見えないところから笛をふいて、そばにくるようにします。
笛=ごほうび というイメージができあがっているので、すぐにとんで
きますので、そばにきたらごほうびをあげます。


肉球ペットグッズ全品送料無料☆
気になっていたあの商品が送料無料のお試し価格!!