お散歩


肉球 世界3位の犬のしつけ☆自宅でできる!犬のしつけの法則
   TVや雑誌で有名なあのカリスマ訓練氏によるしつけ法を自宅で♪
   わんちゃんの問題行動が無理なく簡単に直せます!


リーダーウォークが基本

散歩,ミニチュアダックス,しつけ,犬

ミニチュアダックスにとって、お散歩は最高に楽しい
ひとときですよね。運動不足やストレスの解消にもなり、
健康維持のためにも大切なことです。 だからこそ散歩
中のトラブルなどを防ぐためにも、きちんとしつけをして
あげることが必要になります。

 

犬の散歩のしつけは、まず飼主の左側を、飼主の歩く
速度に合わせて歩かせることから始まります。愛犬を
飼い主の左足の側につけましょう。

 

歩き始めたら、自分の腰の辺りを左手で軽く叩き、ここへついてくるように
と犬に注目させます。 正しい位置を歩いているときは、ほめてあげます。
前に出すぎたり離れすぎたりするようなときは「ダメ」などと声をかけながら、
リードを引いてショックを与えます。

 

飼い主が先で犬は後、という主従関係を保つことが大切なのです。
飼い主に寄りそって歩くリーダーウォークが基本ですね。

 

他の犬に吠えたりにおいをかぎに近寄った時は、すわらせて制御します。
他の犬とケンカしてしまう犬は、潜在的な本能が原因の場合があります。
散歩の途中で他の犬と出会いケンカの意思表示をした場合は、「ダメ」と
命令してリードを引き、ショックを与えます。

 

ケンカをしない犬に育てるためにも社会性を身につけさせることが必要です。
子犬の時に人や他の犬に接する機会を与えてあげましょう。 子犬の間に
外に出して、飼い主以外の人間や犬になれさせたり、車などの騒音になれ
させるといいでしょう。


リード

お散歩のときは、必ずリードをつけましょう。リードは、張らないように
もち、常に犬の動きをコントロールできるようにしておきます。

 

リードには、鎖・革製・布製・ナイロン製のものがあります。
散歩には、スナップつきの革製のものがオススメです。ひもの長さは、
端を持って手を上に伸ばし、地面に届く程度がちょうどよい長さになります。

 

急に強く引っ張られたり、暴れたりしたときに、はずれないように、ひもの
先の輪を手首に通しておきましょう。 人や車が通る所では、ひもを短く持ち、
愛犬を自分の近くに置くようにしましょう。

散歩中のトイレ

ほとんどの犬は、散歩がトイレを兼ねています。
便をそのまま放置せず必ず持ち帰るのは、最低限のマナーです。

 

犬が排便のしぐさをしたら、おしりの下に新聞紙などを置けば、道を
汚さずにすみます。

拾い食い

さんぽの途中で、拾い食いをしたがることがありますよね。
道に落ちているものは、犬にとっては、興味津々なのですが、
食中毒や口のケガの原因になったりしますので、拾い食い
をしそうになったら、リードをしゃくってやめさせます。

座り込み

座り込んで動こうとしない犬は、環境恐怖症か飼い主と歩きたくない
という自己主張をしています。 主従関係がくずれ、犬が主導権を
とってしまっています。

 

◇ 対処法

 

主従関係や信頼関係を築き、自己主張させないためにも、
犬が人に寄りそって歩くリーダーウォークをマスターしましょう。
環境恐怖症の犬は、家のまわりから少しずつ慣らし、散歩は
楽しく飼い主がいればこわくないことをおしえてあげましょう。

 

子犬のうちは、車が激しく通るような道では怖がることもある
ので、車が通らない静かな場所まで抱っこしてつれていくと
いいでしょう。


肉球ペットグッズ全品送料無料☆
気になっていたあの商品が送料無料のお試し価格!!